在宅生活を支える 看多機によくある問題と解決策

看多機によくある問題と解決策

看多機とは、正式名称で看護小規模多機能型居宅介護といいます。看護小規模多機能居宅介護は、小規模多機能型居宅介護に訪問看護を加えた介護サービスで、介護職員と看護師の協力が欠かせません。小規模多機能居宅介護は、要介護者の自立をサポートするため通所介護に力点を置きますが、同時に必要に応じて訪問介護や短期入所にも対応するという特徴があります。訪問介護の際には、食事や入浴などの介助といった通常の身体介護を提供しますが、要介護者の状態によっては、身体介護だけでは足りないことも少なくありません。

というのも、入院期間を短縮し在宅療養を促進する国の方針により、医療サービスを必要とする在宅の要介護者が増えつつあるからです。そこで、訪問看護サービスを付加した看多機という介護サービスの需要がどんどん増加しているのです。看多機の現場には介護職員と看護師が同行することになりますが、要介護者の介護方針についてケアマネジャー等の介護職員と看護師が主導権をめぐって対立することも珍しくないでしょう。

どちらも介護と看護のプロフェッショナルというプライドがあるので、自分の知見と経験にこだわり、意見が合わないこともあるのです。こうした問題を解決するため、異業種のスタッフが意見交換できるケアカンファレンスなどのコミュニケーションの場のあり方が重要となります。看多機のスタッフに関しては、介護職員と看護師の双方が同一の事業所に所属するため、日頃からケアカンファレンスなど交流の場を確保して、忌憚のない意見を出し合い円滑な意思疎通を図ることが大切でしょう。