在宅生活を支える 看護師に求められるものとは

看護師に求められるものとは

看多機とは、看護小規模多機能型居宅介護の略で、訪問介護や訪問看護、通所や宿泊といった様々なサービスを提供し、利用者を複合的にサポートしていくサービス形態を意味します。看多機では様々なサービスを提供しており、看護師も多職種とチームを組んで働いている。看多機で働く場合、病院と違い医師や介護職員、ケアマネージャーなど多くの職種の人たちと一人の利用者をサポートしていかなければなりません。チームとしての仕事を円滑にするためにも、普段から多職種の人たちとのコミュニケーションを取ることを求められます。

また、幅広いサービスを提供する看多機には、様々な症例の利用者と関わっていきます。そうした中で、ちょっとした利用者の変化に気付くための観察眼も必要です。特に認知症を患う利用者の場合、自分の状態を正確に伝えることが困難な人は少なくありません。その人たちの変化に素早く気づき、医療との橋渡しを行うことも介護業界で働くためには重要な要素です。

看多機では、利用者だけではなく、利用者の家族やその人たちの住んでいる地域とも密接に関わっていくことになります。利用者の家族は、介護によるストレスを抱えている場合や介護の方法などに悩みを持つことも多く、家族へのサポートやフォローも大事な役割の1つです。また、通所の利用者であれば友人と集まったり、町内会の活動など地域の取り組みへの参加のサポートを行います。ほかにも、地域の小学校や幼稚園などと協力し、ボランティアとして施設に来てもらうといった調整も介護職と協力して行っていきます。このように、看多機で働く看護師には、看護技術の提供以外にも幅広い役割が求められるのです。