在宅生活を支える 医療ニーズが高い看多機とは?

医療ニーズが高い看多機とは?

看多機は看護小規模多機能型居宅介護サービスのことです。利用者の家に比較的近い状況を基準として、訪問介護と通所介護、短期入所の介護サービスに訪問看護という看護サービスが加わったものを指します。要介護度に応じた月定額制であることが看多機の利用料金の魅力です。利用頻度や回数による利用費が増減はありません。また、高度な医療が必要な利用者にも対応していて、これにより住み慣れた自宅などで人生の最期までを暮らすことが可能になります。看多機のケアマネージャーが提供する通いと泊まり、訪問看護と介護は、利用者や家族の状況が変化した場合でも臨機応変に組み合わせることが可能です。

利用者と家族にとって安心できるのは、急な泊りや夜間の訪問看護と介護に対応しているからです。看多機のサービスは自由に組み合わせられることが特徴といえます。利用者が朝に外来受診する日は、11:00から17:00までの短時間は通いとして使います。また、19:00までの通いを使い夕食を食べてから帰宅することもできます。

これ以外にも、通所の際に身体の状態が悪化した場合は短期入所のサービスを受けることが可能です。利用者の身体の具合が急変した場合でも、常に顔なじみのスタッフが対応します。これらの対応で得られる効果は、認知症のBPSD(周辺症状)などに対してです。利用者が安心感を得ることで、改善に向かうこともあります。現在求められているのは、病気をかかえる利用者も医療と介護の専門家が近くにいる環境で利用者のいつもの暮らしができるようになることです。